車 下取り

車の下取りは損?

車の売却には下取りという手段も存在します。ここでは下取りについての紹介とともに、車の下取り見積もりは損をするのかということについて見ていきたいと思います。メリット、デメリットも同時に紹介していきますので、参考にしてください。

 

車の下取りのメリット

 

下取りをする時に、楽な点、メリットとなるのは自分の車と同じメーカーで下取りをしてもらうと、場合によっては通常の売値よりも高く価格をつけてくれる可能性があるという点です。

 

そして、手続きなどが楽ということもあり、この下取りによって自分の車を売却してしまう人も多くいます。他にも、下取りしたらその時点でその車とはお別れということはなく、納車の日まで利用することができ、その間に新しい移動方法を見つけていくこともできます。

 

このようにしてみると車の下取り見積もりは損をするということはなさそうに見えます。

 

車の下取りのデメリット

 

車の下取り見積もりをしてもらう時に損をするというのは、手続きの時に手数料がとられることや、価格が買取の専門店よりも基本的に低いということが大きく関係しています。

 

手続きが楽というメリットは、実際には手数料がとられるというデメリットにもつながっていることを知っておいたほうが良いでしょう。また自分の使っていた車と同じメーカーでない場合は、多くの場合売る時の価格は通常よりも安くなります。

 

メリットを別の視点からみれば、デメリットにつながることもあるので注意が必要です。

 

 

 

車をどうしても処分したい、もう使わないなどという人で、とりあえず売れれば良いと考えている人にとっては便利なものになると思います。利用のしかた次第になりますが、できるだけ高く売却したいのであれば下取りはおすすめ。

 

 

・車の売却見積もり業者選びはここから