新車の値引き交渉

新車の値引き交渉の方法は?購入費用を安くするコツ

新車をよりやすく購入するにはどうすれば良いか、それは一重に“本体価格をどこまで値引きすることができるか”という点に掛かっています。

 

実際ディーラーや車の販売店では、販売員の裁量で値下げできる幅をそれぞれ持ち合わせていますので、それを引き出して使わない手はないといえます。その際に必要となるのが「値引き交渉」になります。

 

それでは、具体的にはどのような方法をとれば、購入費用を安くできるのでしょうか。

 

新車の値引き交渉術

 

交渉の駆け引きは、実は始めて販売店を訪れたその時から始まっているのです。

 

すでに新車を購入しようと決めている客に対しては、販売店側がそれほど押さなくても購入してもらえると見込んで、値下げ幅をあまり大きくは提示してきません。

 

そのため、どこの車を購入するのかまだ決めかねているような態度や言葉を口にして、まずは主導権をこちらが握れるよう差し向けましょう。

 

といっても駆け引きをしている感はまったく出さず、穏便に話を進ませていく中で徐々に相手に焦燥感を与えていくという方法にします。

 

例えば、狙っている車と同スペックの他社製の車の話を持ち出して、そちらにも興味があることをうかがわせると販売店側もやや焦るようになり、値引き交渉に入りやすくなります。

 

また最初にネットなどで新車見積もりを済ませておき、そこで得られた価格より少なめの価格を“自身の予算”として提示することも、値引き交渉の方法としては良いといえます。

 

なお、相手の販売員も人間ですから、無理なことはせずに徐々に主導権を握るよう振舞いましょう。

 

 

・新車の購入見積もり業者選びはここから