中古車購入 書類 手続き

中古車の購入に必要な書類と手続きは?

中古車を購入する際には、現在の車の持ち主である販売店から、購入した方の名義に移すための手続きが必要になります。

 

中古車にナンバープレートが付いている場合には、上記のように名義を移すための“移転登録”と呼ばれる手続きを“陸運支局”に届けることになります。またナンバーがない場合はすでに登録が失効しているため、新たに“中古車新規登録”を出すことになります。

 

それ以外にも手続きは何かと多くあるのですが、基本的には全て中古車販売店側が代行して行なってくれますので、難しいことはありません。

 

必要な書類

 

また手続きに際して提出する必要がある書類として、以下の書類が挙げられます。

 

移転登録の場合

  • 申請書
  • 自賠責保険証明書
  • 抹消登録証明書
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 自動車保管場所証明書
  • 手数料納付書
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車税
  • 自動車取得税申告書
  • 検査に合格した書面

 

新規登録の場合

移転登録の場合に加えて、OCRシート

 

「印鑑証明書、住民票」に関してはお近くの役所でご自身お手で入手することになり、また販売店に向かう際には「実印」を忘れてはいけません。

 

いずれの書類も販売店側で用意して、購入者が書き込む必要があるものは指示してくれますので、簡単に済ませることができます。

 

なお、費用を節減したい場合に、「自動車保管場所証明書(車庫証明)」の取得は最寄の警察署で簡単に済ませることができるため、お店に代行してもらうまでもなくご自身で行うことができます。

 

 

購入流れ 中古車購入